アルファテクノ

tel

エコへの取り組みTHE MEASURE FOR ECO

エコロジー環境について PC省エネテクニック パソコンは眠らせられる 出社したら"5秒でお仕事" 明るすぎるのはもったいない スクリーンセーバーの誤解 10分たったら液晶オフ 自分で設定を作れる 何はなくとも電源プラン PC修理でエコ(CO2削減) パソコンのリデュースによるCO2排出量削減
サイド

PC修理でエコ(CO2削減)

お客様からパソコンをお預かりして、弊社にて修理をする事で再度、使用して頂くことも、新しくパソコンを製造する場合と比較するとCO2排出を削減する取り組みになります。 弊社では、パソコンを修理して再使用して頂く事をリデュース(延命)に位置づけ、CO2排出抑制効果として、1台当たり約114kgのCO2排出削減効果を見込み修理業務に取り組んでおります。

PC修理でエコ(CO2削減)

パソコン修理におけるCO2排出量及び抑制効果

当社では、1日でも早くお客様のお手元にパソコンが届くよう、絶えまぬ努力をしています。

パソコンを修理する際に排出されるCO2は?

①基本的な考え方
日本全体の年間CO2排出量を人口で割った1人あたりの年間CO2排出量をベ-スに、CO2換算をする。
②日本人:1人あたりの年間CO2排出量としては、(日本人:総人口は12776万人)
・日本全体の年間CO2排出量 12.86億t
・1人あたりの年間CO2排出量 10.07t (環境省資料:2004年度温室効果ガス排出量による
③労働時間1時間あたりのCO2排出量
・これを使って、1人あたりの年間CO2排出量を10t(10000kg)とし、年間労働時間を2000時間として
・労働時間1時間あたりのCO2排出量 10000kg/2000時間 = 5kg / 時間
④PC修理 1台に掛かる平均時間は約2時間である。
・よって、アルファテクノにてPC1台を修理する際に排出されるCO2は
労働時間1時間あたりのCO2排出量×PC修理1台に掛かる時間 5Kg × 2時間 = 10Kg (注1)
と言うことになります。

メーカーがパソコンを製造する際に排出するCO2の量は?

メーカーより公表されているLCA結果(CO2排出量換算)が算出されていますので、下記にデータを記載します。

PC修理でエコ(CO2削減)

型番 : LC700/8D
発売開始時期 : 2004年1月
総排出量 231.5(単位Kg)
製造時段階 124
流通時段階 0.3
使用時段階 107.0
廃棄時段階 0.2
(注2)

PC修理でエコ(CO2削減)

(注3)

上記の内容(製造時から廃棄時段階まで一連のこと)がパソコンの生涯に発生する温暖化ガスの排出量表示「カーボンフットプリント」 (炭素の足跡(231.5kg))にあたります。


PC修理でエコ(CO2削減)

PC修理でエコ(CO2削減)

答えは次のページ→

contents