株式会社アルファテクノ

株式会社アルファテクノ

データ消去Data Eraser

データ流出、漏洩の危険性

例えばこんな時・・・

  • 会社でパソコンの入替え及び廃棄
  • お知り合いの方への譲渡
  • リースパソコンの返却
  • ショップでの買取
  • インターネットオークションへの出品・販売

使用済みコンピュータの処理はどうされていますか? 皆さん無意識に機密情報を漏らしてませんか?

ファイル削除、ゴミ箱を空にする、再フォーマット、区画再設定等を行っても、OSリカバリーでは、データは完全に消えません。

ハードディスクの中のデータを完全に消去するには『データ領域を全て上書きする』必要があります。
個人や企業・公的機関関のデータ漏洩が騒がれる昨今、欧米ではデータ消去についての規格基準も設けられております。
当社では米国国防省規格準拠の「00」-「FF」-指定データ(弊社では「00」)の順に、ハードディスク全領域に『3回上書き』を基本とさせていただきデータを消去いたしております。

各国基準 上書き回数
米国国防省規格基準 3回

「データ消去書」の発行

企業様にも安心して当サービスをご利用していただくため、データ消去作業後は 「データ消去証明書」を発行しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

作業方法

センドバック方式

消去をご希望されるハードディスクを弊社へお送りいただき消去を行います。

オンサイト方式

サービスエンジニアがお客様先に出張してデータ消去作業を行います。

受付から作業完了までの基本的な流れ

FAXお申し込みフォーム/お電話のいずれかでお申し込み

お取引/お客様からの元払送付/ご来店のいずれかでお預かり

ハードディスクをパソコンから取り出し、消去作業を実施

データ消去されたハードディスクをパソコンに取り付け

配送/ご来店のいずれかでご返却

修理依頼書のダウンロード

東日本 西日本
PDF(PC用) PDF(サーバ用) PDF(PC用) PDF(サーバ用)
東日本・西日本
Excel

お申込みの際には、お客様の会社名またはお名前や電話番号をお伺いいたします。
お客様の個人情報の取り扱いについては、「当社の個人情報保護運用」をご覧ください。

※PDFファイルを開くにはAdobe Reader(C)が必要です。

消去方法について

米国国防省準拠によるデータの上書きを行うソフトウェア消去

油圧によりHDDの磁性体プラッタへ4箇所の穿孔を行う物理破壊

磁性体に強力な磁界を照射する磁気消去800kA/m(約10,000 Oe相当)

作業料金について

HDD消去方法 対応機器 対応インターフェイス 作業後のドライブ再利用 料金
①ソフトウェアによる消去 ハードディスク IDE(E-IDE・パラレルATA)
シリアルATA
SCSI
可能 1台 2,500円(税別)
②圧力破壊機による物理的な破壊
 HDD破壊方法(4つ穴あけ作業)
ハードディスク
SSD
不可能
③磁気消去作業
 HDD破壊方法(磁気消去)
ハードディスク 不可能
④複合方式
 ①ソフト消去+②物理的破壊
ハードディスク IDE(E-IDE・パラレルATA)
シリアルATA
SCSI
不可能 1台 4,000円(税別)
④複合方式
 ①ソフト消去+③磁気処理
ハードディスク 不可能

※ハードディスク故障などの原因により、ソフトウエア消去が完了できない場合でも、消去ソフトのライセンス使用料金として1,000円(税別)がかかります。
※MACの作業に関しては事前にご相談下さい。

センドバック対応の配送料について

デバイス区分 お引取料金(梱包資材込) 対応エリア
お引取り対応をご希望の場合 ノートパソコン
内蔵ハードディスク単体
外付ハードディスク単体
3,500円(税別) 全国対応 (但し離島を除く)
デスクトップパソコン 4,000円(税別)
元払いでご送付いただいた場合のご返送 デバイスによらず 1,000円(税別) 全国対応 (但し離島を除く)

オンサイト対応の出張料について

オンサイト出張料 ご依頼内容に応じて別途お見積をご案内いたします。

※ソフトウエアによる消去がエラーにより消去不可の場合、1,000円(税抜)のライセンス使用料を頂きます。但し、消去不可により物理的破壊をご希望された場合は、脱着費+物理的破壊料金のみになり、ライセンス使用料は頂きません。

申し込みはこちら

© 2018 Alpha techno Corporation.